ハシオクラフト第五十話

シェアする

どうも、こんばんは。外は雨が降って気が晴れない橋尾です。

今回はね、東のアジトから西に行くと、平原があってそこにある谷の裂け目に、ガラスブロックを置いて、下に落ちないようにしました。

谷をガラス張りにするのにあたって、することがあります。それは、砂ブロックをかまどで焼いて、ガラスにすることです。

このガラス作りに結構時間がかかっちゃいましたね。東のアジトと、西にあるアジトの行き来をしていたら、20分以上の録画になっちゃいました(笑)

砂は、東のアジトにある、海辺で取りました。これが海沿いということで、砂ブロックを海に面している部分を掘らないようにしています。何故かというと、海に面したブロックを掘ってしまうと、水が入り込んでしまうからです。

なので、海沿いのブロックだけ、無視して砂ブロックを掘っていました。砂ブロックをガラスに加工するためには、かまどが必要です。

かまどを使うには、木材などの燃えるアイテムをかまどにセットすることが必要です。近くに生えている、シラカバの木をたくさん伐採しました。かまどにシラカバの木をセットすれば、いつでもかまどで、アイテムを焼くことができます。

かまどには常に、うん十個の燃えるアイテムを設置しておきましょう。

ガラスを加工できたら、西にある谷まで行って、ガラスの設置です。これが結構時間がかかって面倒でしたね。後半は、ガラスブロックがなくなり、結局、木材で穴埋めをしていきました。

まぁ、しょうがないでしょう(笑)

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告